シェア: facebook でシェア twitter でシェア google+ でシェア

有価証券報告書 抜粋 ドキュメント番号: S100E701 (EDINETへの外部リンク)

有価証券報告書抜粋 株式会社マクロミル 研究開発活動 (2018年6月期)


事業等のリスクメニュー株式の総数等

当社グループは、多様化する顧客ニーズへの対応や同業他社に対する比較優位を保つために積極的に新サービスの開発及び既存サービス改良のための活動を行っております。こうした開発及び活動に係る費用は、第一に、ソフトウエア等の無形固定資産に対する設備投資として資産化され使用期間にわたって償却されるかたちで費用認識されるもの、第二に、単年度における研究開発活動費として費用認識されるもの、加えて第三に、そうした開発及び活動に係る人員の人件費として費用認識されるものの三つで構成されますが、当社グループでは、それらのバランスを取りながら新サービスの開発及び既存サービスの改良を進めております。
このうち、第二の構成要素に当たる当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発活動費は、5百万円であり、セグメント別にみた研究開発活動の内容は以下のとおりです。

①研究の目的
多様化する顧客ニーズに対応し、その課題を解決するためのサービス(リサーチ手段、ソリューションパッケージ等)の開発及び改良と新しい価値創造をお客様に提供することを目的とします。

②主要課題
従来から進めているオンラインによる自動調査の業務範囲拡大と機能強化とデジタル・マーケティングを加速させる顧客ニーズを踏まえた新たなサービスラインアップの拡充に加えて、センタンと共に開発を進めている生体情報等の非意識データの活用を目指した研究開発活動を進めております。

③研究体制
(マクロミルグループ)
主に当社R&D本部、モバイル・リサーチシステムプロダクト開発部及びデジタル・マーケティングプロダクト開発部並びに国内子会社ではDMIやセンタンにおいて新サービスの開発及び既存サービスの改良を行っております。

(MetrixLabグループ)
主にMetrixLab Nederland B.V.のロッテルダム本社において新サービスの開発及び既存サービスの改良を行っております。

④研究成果
開発活動の成果として、顧客への訴求力がより高いサービスやソリューションの更改が実現できていると考えており、今後もオンライン・マーケティング・リサーチとデジタル・マーケティングを軸とした顧客の様々な課題に応じた多様なリサーチ手段、ソリューションパッケージの開発・蓄積を目指していきたいと考えております。また、一部の成果については特許権を取得しております。

事業等のリスク株式の総数等


このコンテンツは、EDINET閲覧(提出)サイトに掲載された有価証券報告書(文書番号: [E05372] S100E701)をもとにシーフル株式会社によって作成された抜粋レポート(以下、本レポート)です。有価証券報告書から該当の情報を取得し、小さい画面の端末でも見られるようソフトウェアで機械的に情報の見栄えを調整しています。ソフトウェアに不具合等がないことを保証しておらず、一部図や表が崩れたり、文字が欠落して表示される場合があります。また、本レポートは、会計の学習に役立つ情報を提供することを目的とするもので、投資活動等を勧誘又は誘引するものではなく、投資等に関するいかなる助言も提供しません。本レポートを投資等の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。本レポートを利用して生じたいかなる損害に関しても、弊社は一切の責任を負いません。
ご利用にあたっては、こちらもご覧ください。「ご利用規約」「どんぶり会計β版について」。