シェア: facebook でシェア twitter でシェア google+ でシェア

有価証券報告書 抜粋 ドキュメント番号: S100FGH4 (EDINETへの外部リンク)

有価証券報告書抜粋 オプテックスグループ株式会社 事業の内容 (2018年12月期)


沿革メニュー関係会社の状況

当社グループは、当社(持株会社)及び子会社34社並びに関連会社1社で構成されております。その主な事業内容は各種センサ、照明及び同装置に関する各種システムの開発、設計並びに製造販売であり、当社グループのセグメント毎の主な事業内容及び主要な関係会社は、次のとおりであります。
当社は2018年4月5日付で、当社の連結子会社であるオプテックス㈱及びオプテックス・エフエー㈱の生産部門を分割統合し、両社の生産関連機能を統括する新会社としてオプテックス・エムエフジー㈱を設立いたしました。
また、事業管理区分の変更に伴い、当連結会計年度より報告セグメントの区分及び名称を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
なお、当社は特定上場会社等であります。特定上場会社等に該当することにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。


SS事業は、連結子会社17社で構成されており、各社の事業概要は次のとおりであります。
・オプテックス㈱は、各種センサ及び同装置に関する各種システムの開発、設計を行い、製造関係会社及び外注業者により製造した製品を、国内においては主として代理店を通じて、海外においては、同社の販売子会社あるいは代理店を通じて、ユーザーに販売しております。
・OPTEX INCORPORATEDは、米州地域統括本社の機能を有し、オプテックス㈱より防犯用製品・自動ドア用製品の供給を受け北・中・南米地域に販売しております。
・FIBER SENSYS,INC.は、光ファイバー侵入検知システム用製品の開発を行い、外注業者により製造した製品を中東地域及び北米地域に販売しております。
・RAYTEC SYSTEMS INC.は、RAYTEC LIMITEDの製品を主に北米地域に販売しております。
・OPTEX (EUROPE) LIMITEDは、欧州地域統括本社の機能を有し、オプテックス㈱より防犯用製品の供給を受け、欧州・中近東・アフリカ地域に販売しております。
・OPTEX SECURITY SASは、オプテックス㈱より防犯用製品の供給を受け、フランス国内に販売しております。
・OPTEX TECHNOLOGIES B.V.は、オプテックス㈱より防犯用製品・自動ドア用製品の供給を受けヨーロッパ地域に販売しております。
・OPTEX SECURITY Sp.z o.o. は、東欧地域のマーケティングサービスを行っております。
・FARSIGHT SECURITY SERVICES LTD.は、遠隔画像監視関連システムを利用したサービス業務をイギリスにおいて行っております。
・RAYTEC LIMITEDは、監視カメラ用補助照明の開発、製造を行い、イギリスをはじめ世界各国に販売しております。
・GARDASOFT VISION LIMITEDは、ファクトリーオートメーションの画像処理用のLED照明コントローラーや車番認識用特殊カメラ用補助照明の開発、製造を行い、主にヨーロッパ地域及び北米地域に販売しております。
・OPTEX KOREA CO., LTD.は、オプテックス㈱より防犯用製品の供給を受け韓国国内に販売しております。
・OPTEX PINNACLE INDIA PRIVATE LIMITEDは、オプテックス㈱より防犯用製品の供給を受け、インド国内に販売しております。
・OPTEX (THAILAND) CO.,LTD.は、オプテックス㈱より防犯用製品・自動ドア用製品の供給を受け、タイ国内に販売しております。
・技研トラステム㈱は、客数情報システム用製品の開発、設計を行い、製造関係会社及び外注業者により製造した製品を国内外に販売しております。
・㈱ジーニックは、顧客からの開発委託に基づく画像処理関連のIC・LSIの開発及び自社ブランドIC(主としてファクトリーオートメーション用途)の設計・販売を行っております。


FA事業は、連結子会社3社及び関連会社1社で構成されており、各社の事業概要は次のとおりであります。
・オプテックス・エフエー㈱は、ファクトリーオートメーション用製品の開発、設計を行い、製造関係会社及び外注業者により製造した製品を国内外に販売しております。
・広州奥泰斯工業自動化控制設備有限公司は、中国におけるファクトリーオートメーション用製品・部品の仕入・販売を行っております。
・OPTEX FA INC.は、米国におけるファクトリーオートメーション用各種センサ及び各種機器の仕入・販売を行っております。
・関連会社であるジックオプテックス㈱は、オプテックス・エフエー㈱からの開発委託に基づき、主にファクトリーオートメーション用製品の企画、開発を行っております。


MVL事業は、連結子会社8社で構成されており、各社の事業概要は次のとおりであります。
・シーシーエス㈱は、ファクトリーオートメーションにおける画像処理用LED照明装置、LEDデバイス、UV照射器向けLED照明装置及びそれらの制御装置の開発、製造を行い、国内外に販売しております。
・CCS America,Inc.は、シーシーエス㈱よりLED照明装置及びその制御装置の供給を受け、主に北米地域に販売しております。
・CCS Europe N.V.は、シーシーエス㈱よりLED照明装置及びその制御装置の供給を受け、主にヨーロッパ地域に販売しております。
・CCS Asia PTE.LTD.は、シーシーエス㈱よりLED照明装置及びその制御装置の供給を受けるとともに製造し、シンガポールをはじめ主に東南アジアに販売しております。
・晰写速光学(深圳)有限公司は、工業用照明機器の開発、製造を行い、主に中国国内に販売しております。
・EFFILUX SASは、ファクトリーオートメーションにおける画像処理用LED照明装置及び制御装置の開発、製造を行い、主にヨーロッパ地域に販売しております。
・EFFILUX GmbHは、EFFILUX SASよりLED照明装置及び制御装置の供給を受け、主にヨーロッパ地域に販売しております。


EMS事業は、連結子会社3社で構成されており、各社の事業概要は次のとおりであります。
・オプテックス・エムエフジー㈱は、オプテックス㈱及びオプテックス・エフエー㈱の製品の製造及び電子機器の受託生産サービスを行っております。
・OPTEX (H.K.), LTD.は、OPTEX (DONGGUAN)CO.,LTD.が供給する製品を生産受託品として販売するとともに、部材の調達を行い、OPTEX (DONGGUAN)CO.,LTD.へ供給しております。
・OPTEX (DONGGUAN)CO.,LTD.は、オプテックス・エムエフジー㈱及びOPTEX (H.K.), LTD.より部材の供給を受け、各種製品の組立てを行いグループ内に製品を供給するとともに、中国国内において販売しております。


その他は、連結子会社2社で構成されており、事業概要は次のとおりであります。
・オーパルオプテックス㈱は、会員制スポーツクラブを運営しております。
・㈱スリーエースは、各種システム及びアプリケーション・デジタルコンテンツの開発を行っております。
当社グループにおける事業系統図、次のとおりであります。
0101010_001.png


(注)1.持分法適用関連会社
2.(注)1.以外はすべて連結子会社であります。
3.非連結子会社1社及び休眠会社2社は、重要性が乏しいため記載を省略しております。
4.2018年3月1日付でOPTEX FA INC.を設立いたしました。
5.2018年4月5日付でオプテックス・エムエフジー㈱を設立いたしました。
6.2018年6月1日付で㈱スリーエースの全株式を取得し,当社の完全子会社といたしました。
7.2018年7月1日付で当社を株式交換完全親会社、シーシーエス㈱を株式交換完全子会社とする株式交換を実施し、同社を当社の完全子会社といたしました。
8.シーシーエス㈱は、2018年10月22日付でEFFILUX SASの全株式を取得し、同社とEFFILUX GmbHをシーシーエス㈱の完全子会社といたしました。

沿革関係会社の状況


このコンテンツは、EDINET閲覧(提出)サイトに掲載された有価証券報告書(文書番号: [E01998] S100FGH4)をもとにシーフル株式会社によって作成された抜粋レポート(以下、本レポート)です。有価証券報告書から該当の情報を取得し、小さい画面の端末でも見られるようソフトウェアで機械的に情報の見栄えを調整しています。ソフトウェアに不具合等がないことを保証しておらず、一部図や表が崩れたり、文字が欠落して表示される場合があります。また、本レポートは、会計の学習に役立つ情報を提供することを目的とするもので、投資活動等を勧誘又は誘引するものではなく、投資等に関するいかなる助言も提供しません。本レポートを投資等の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。本レポートを利用して生じたいかなる損害に関しても、弊社は一切の責任を負いません。
ご利用にあたっては、こちらもご覧ください。「ご利用規約」「どんぶり会計β版について」。