シェア: facebook でシェア twitter でシェア google+ でシェア

有価証券報告書 抜粋 ドキュメント番号: S1004WK2 (EDINETへの外部リンク)

有価証券報告書抜粋 株式会社ドリームインキュベータ 事業の内容 (2015年3月期)


沿革メニュー関係会社の状況


当社は、大企業・ベンチャー・業界・国境の壁を越え、事業・産業を育成するために、プロフェッショナルサービス・投資・事業経営による「ビジネスプロデュース」を推進しております。
プロフェッショナルサービスは、大企業や政府向けの戦略コンサルティングに加え、複数のセクターを巻き込んだプロデュース支援、M&Aのファイナンス・アドバイザリー、経営幹部の育成支援が含まれます。
投資は、自己資金によるプリンシパル投資に加え、アジアにおいてはファンドを通じた投資を推進するDIアジア産業ファンドを運営しております。
グループ事業には、ペット向け医療保険を行う保険事業(アイペット)、流通の余剰資産流動化を支援するアセットリクイデーション事業(リバリュー)、東南アジアの市場調査支援を行うデジタルマーケティング事業(DIマーケティング)、女性向けファッション・イベントのTGC(日本知財ファンド)が含まれます。
また、当連結会計年度において、量的重要性が増加したことに伴い、前連結会計年度まで「その他」に含めていた「アセットリクイデーション事業」を報告セグメントとしています。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
なお、当連結会計年度より、従来の「リバースサプライチェーン事業」から「アセットリクイデーション事業」に事業名称を変更しております。事業名称変更によるセグメント情報に与える影響はありません。





セグメントは、プロフェッショナルサービスを提供している「コンサルティング事業セグメント」、国内外ベンチャー企業への投資育成を行う「営業投資事業セグメント」、「保険事業セグメント」(アイペット)、「アセットリクイデーション事業セグメント」(リバリュー)、グループ内で孵化中(先行投資フェーズ)の複数事業が含まれる「その他事業セグメント」から構成されます。
事業セグメントごとの事業内容及び関係会社名は以下のとおりであります。
セグメント事業内容連結子会社及び持分法適用関連会社
コンサルティング
事業
戦略コンサルティング
プロデュース支援
M&A支援
幹部育成支援
(連結子会社)
Dream Incubator (Vietnam) Joint Stock Company
得愛(上海)企業管理咨洵有限公司
DREAM INCUBATOR SINGAPORE PTE. LTD.
営業投資事業ベンチャー株式等への投資
投資事業組合の財産運用及び管理
(連結子会社)
Dream Incubator (Vietnam) Joint Stock Company
DI Pan Pacific Inc.
(持分法適用関連会社)
DI Investment Partners Limited
DI Asian Industrial Fund, L.P.
保険事業ペット向け医療保険(連結子会社)
アイペット損害保険株式会社
アセットリクイデーション事業返品商品・余剰在庫の流動化サービス(連結子会社)
株式会社リバリュー
その他事業知的財産権等への投資(連結子会社)
日本知財ファンド1号投資事業有限責任組合
デジタルマーケティング事業(連結子会社)
DI MARKETING CO.,LTD
DREAM INCUBATOR COMPANY LIMITED
コンテンツマネジメント事業(連結子会社)
株式会社DI Digital
(持分法非適用関連会社)
株式会社フェノロッサ

沿革関係会社の状況


このコンテンツは、EDINET閲覧(提出)サイトに掲載された有価証券報告書(文書番号: [E05221] S1004WK2)をもとにシーフル株式会社によって作成された抜粋レポート(以下、本レポート)です。有価証券報告書から該当の情報を取得し、小さい画面の端末でも見られるようソフトウェアで機械的に情報の見栄えを調整しています。ソフトウェアに不具合等がないことを保証しておらず、一部図や表が崩れたり、文字が欠落して表示される場合があります。また、本レポートは、会計の学習に役立つ情報を提供することを目的とするもので、投資活動等を勧誘又は誘引するものではなく、投資等に関するいかなる助言も提供しません。本レポートを投資等の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。本レポートを利用して生じたいかなる損害に関しても、弊社は一切の責任を負いません。
ご利用にあたっては、こちらもご覧ください。「ご利用規約」「どんぶり会計β版について」。