シェア: facebook でシェア twitter でシェア google+ でシェア

有価証券報告書 抜粋 ドキュメント番号: S100CGDT (EDINETへの外部リンク)

有価証券報告書抜粋 株式会社オプトエレクトロニクス 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (2017年11月期)


研究開発活動メニュー株式の総数等

(1) 重要な会計方針及び見積り
当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成されています。この連結財務諸表の作成にあたりまして、必要な仮定と見積りを行っており、それらは資産、負債、収益及び費用の計上金額、長期性資産の減損の認識、金融商品の時価、及び偶発債務の開示情報に影響を与えております。こうした仮定と見積りは本質的に不確実であり、必要に応じて当社の過去の経験、既存契約の条件、業界動向の観測、お客様から提供される情報及びその他外部機関から入手可能な情報に基づいて行われます。詳細につきましては、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」」を参照して下さい。
(2) 経営成績及びキャッシュ・フローについて
当連結会計年度における経営成績及びキャッシュ・フローの概要につきましては、「1 業績等の概要」に記載のとおりであります。

(3) 財政状態について
(資産)
当連結会計年度末の資産につきましては、流動資産は前連結会計年度末と比較して1億91百万円増加し、105億54百万円となりました。これは主として、現金及び預金が10億42百万円増加したことによるものです。固定資産は前連結会計年度末と比較して1億44百万円減少し、33億88百万円となりました。これは主として、建設仮勘定が1億34百万円減少したことによるものです。
(負債)
負債につきましては、流動負債は前連結会計年度末と比較して、4億9百万円減少し、38億55百万円となりました。これは主として、支払手形及び買掛金が3億96百万円減少したこと等によるものです。固定負債は前連結会計年度末と比較して、3億59百万円増加し、44億78百万円となりました。主として、長期借入金が3億63百万円増加したことによるものです。
(純資産)
純資産は前連結会計年度末と比較して96百万円増加し、56億9百万円となりました。これは主として、利益剰余金が6億29百万円減少したものの、為替換算調整勘定が前連結会計年度末と比較して7億25百万円増加したことによるものです。

以上により総資産は前連結会計年度末と比較して46百万円増加し、139億43百万円となりました。

研究開発活動株式の総数等


このコンテンツは、EDINET閲覧(提出)サイトに掲載された有価証券報告書(文書番号: [E02095] S100CGDT)をもとにシーフル株式会社によって作成された抜粋レポート(以下、本レポート)です。有価証券報告書から該当の情報を取得し、小さい画面の端末でも見られるようソフトウェアで機械的に情報の見栄えを調整しています。ソフトウェアに不具合等がないことを保証しておらず、一部図や表が崩れたり、文字が欠落して表示される場合があります。また、本レポートは、会計の学習に役立つ情報を提供することを目的とするもので、投資活動等を勧誘又は誘引するものではなく、投資等に関するいかなる助言も提供しません。本レポートを投資等の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。本レポートを利用して生じたいかなる損害に関しても、弊社は一切の責任を負いません。
ご利用にあたっては、こちらもご覧ください。「ご利用規約」「どんぶり会計β版について」。